2008 101234567891011121314151617181920212223242526272829302008 12

クスリ、クスリ、クスリ。。

いまオレが飲んでるクスリ達でアリマス。。
実はアメリカから帰ってきてから体の調子が悪いのデス。
普段飲んでるクスリに加え
さらに5種類ものクスリが加わりました~
クスリ01
アメリカから帰った当日、激しい下痢に襲われ(ケツはもうヒリヒリで痛すぎ)
トイレの回数十数回...
それが3日間続き、3日目にお医者に行き下された診断は
ストレス性の腸炎。
とりあえず2週間、腸の働きを助けるクスリと下痢を抑えるクスリを飲むことに。
クスリの効果は絶大で、次の日には何とかおなかの調子も戻りつつ良くなってきた。
そして14日金曜日。
座るとおしりの辺りがなんだか違和感があり、なーんだか痛いような痛くないような感じがする
次の日15日土曜日。
バイクに乗ってみたらやっぱおしりが痛い。
16日曜日。
座るとかなり痛い。
17日月曜日。
激痛!!
仕事するが、痛くてそれどこじゃない!
18日火曜日。
今日も激痛!
耐えられないので会社休んで肛門科へ....
受付をすませ1時間半も待たされようやく診察。
今の症状を先生に話した後、先生の説明を聞き
あれよあれよのうちにおけつを出して診察台の上に横になって先生が見たところ
あ~これは痛いわ、でもひどくなる人は集中治療室で手術しなきゃ駄目なときもあるからね。
病名 肛門周囲膿瘍。
じゃぁ切ってウミ抜き取るから局所麻酔するねーって、今から手術するのか!
まぁやってもらわないと治らないし、麻酔するからいいかぁ
しかし、その後想像も出来ないほどの激痛がケツに襲いかかるとは夢にも思っていなかった...
局所麻酔の注射は、まぁ耐えられるほどの痛みだったがその後のアレが!
(こっから先実際に叫んでます)
ウミを吸い出すためにケツの穴の横にメスで穴を開け オウッッ!
さらに太い注射で開けた穴に刺し込み ウガガァ!
先生 ハイハイ 痛いけど我慢して~~
ウミを吸い取る! ぐぃでぇ~~っ!!!
先生 こりゃ深いなぁー
さらにケツの穴に指を突っ込まれ内側から押し出して
さらに太い注射針をさらに奥に突き刺しウミがたまってる場所へ....
いっでぇ~~~っ!!!
いっでぇ~!!
先生 あー出た出た、痛いけど我慢してね~力抜いて~
その後のことは痛すぎて良く覚えてない....
麻酔してあの痛みは何?
想像を絶する痛みだった。
その後、その後の事をどうするか一通り聞き(ハッキリ言って激痛の後だから上の空)
クスリを処方してもらい
クスリやさんへ行って痛みを和らげるクスリと細菌を殺し感染症を治すクスリなどをもらって
帰りやした。。

そんなこんなでこのクスリの量でありやんす~
参ったぜ!
スポンサーサイト
.21 2008 日常の「ひとりごと...」 comment4 trackback0