2006 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 11

オレのシュミ...スノーボード編2

季節柄、冬に近づいてるって事で(まだ秋ですが)
またまたスノボの話で行きますー

スノーボード2年目。
まぁ十数年も前だから記憶が...
この年は確か、カービングターン覚えた時でしたねぇ。
そして、ボード仲間が増えて行く年でもありましたですわ。

カービングターン。
スノーボードやってく上で、
かなり重要な技術の一つでありますね~
ドリフトターンのように、ズルズル板を滑らせる事無く
(もちろん、ドリフトターンも大事な技術の一つ)
板のサイドエッジ(カーブにそって)だけで滑って行く。
サイドエッジに乗ってる時にGを感じている状態から
ターンする寸前に一気に自分の体重が軽くなり、
Gの状態から一気に0になる瞬間。(言葉の説明が難しい)

気持ちいい~!

コレを連続でショートターン、ロングターンを
自分のイメージ通りに自由に滑る事が出来た時は
そのシーズンの後半で2月下旬頃でしたかねー
エコーバレーではその当時、独自のライセンス制で
初級、中級、上級のライセンスで滑れるコースが決まってました。
自分のレベルにあったコースでしか滑れない、というもの。
あとは滑る時のマナーも講習の時に教わったりするから
いろんな面で勉強になりましたよ。
オレが1年目でもらったのが、初級のライセンス。
(初級レッスンの時ね)
そして2年目が、中級のライセンス。
そして3年目に、上級ライセンスでした。
上級ライセンスのメリットは、エコーに行った人はわかるけど
あのアンデルマットの天辺から滑って来れる事でしたかねー
あそこは5、6本滑ればクタクタ、ヘロヘロになりますが...
今はライセンス制度無くなったけどね!

でもそこまで滑れるようになるまで、いろいろありましたなぁ~

アサマ2000でスキーヤーのお姉さんが突っ込んで来て
持ってたストックがオレの顔面にヒィーット!イデーッ!!
お姉さんにだいじょぶっすかー?って言ったんだけど
オレが大ジョブじゃなくて、鼻の穴両方から鼻血ダラダラ...
お姉さんにティッシュもらって鼻に詰めて帰った事もありましたがなぁ。

まだまだいろんな事あったけど、
またそのうちに!
.20 2006 日常の「ひとりごと...」 comment0 trackback0