2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

ますます忙しく!

20070203003928
こんばんわでございますでアリマス。
最近、仕事もプライベートでもますます忙しくなって
かなり大変であります。

今月2月は、いよいよ定期演奏会であります。
忙しくてブログもアップ出来ないような状態でありますが
何とか写真だけでもアップして行きたいと思いますのでヨロシクであります。

これは先日、木管楽器のメンテナンスの様子を撮影。
Kさん、ご苦労さまでした!
20070203015802.jpg

.03 2007 吹奏楽! comment0 trackback0

バリサクとアルトサックス。

20070104205003.jpg

今日はお正月休み最後の日。
休み中は色々あったけど、まあ何とか楽しめた休みでありました。
31日には群馬の下仁田温泉(清流荘)で温泉に入り
年が明けて2日には軽井沢の塩沢温泉高林閣に行き
今日は春日温泉に行ってきましたであります。
その後、ビーティーズさんで、マウンテンバイクの
メンテナンスをしてもらい家に帰ったであります。

話は変わりますが、この写真はバリトンサックスとアルトサックスであります。
さっき音出しかねて二つならべて撮ってみたんだけど
こうして比べてみるとアルトとバリトンでは
大きさが2倍ぐらいは違いますね~
重さもヘルスメーターに乗っけてみたら
アルトが約2キロ。
バリトンなんかは5.5キロもあったよ~2倍以上よっ!
重いよなぁバリトン。
こんなの毎回首にぶら下げてたら首死にます。(まだ何とか大丈夫だけど)
20070104205347.jpg

この角度で見たらそれほど大きさは分かんないですよね~
1枚目の方が分かりやすいですかな?
ってことで、今週の土曜日にチョットした演奏があるので
練習がてら並べて撮ってみたサックスの写真でありました。
チャンチャン。
.04 2007 吹奏楽! comment0 trackback0

サックスのマウスピース。。

20061212001841

サックスのマウスピース。
しかもこりは、バリトンサックスのマウスピース。
オレはへたくそではありますが、一応バリサク吹きであります。
写真に写ってるのは、メタルマウスピースとラバーマウスピース。

ちょいと説明しますと
右から1番目がヤマハのバリサクに最初から付いてたヤツでサイズはC5。(ラバー)
2番目が、フランスセルマーのS80★C。(ラバー)
3番目が、イギリスのベルグ・ラーセン 110 (メタル)
4番目が、アメリカのピーター・ポンゾール 110 (メタル)
今メインで使ってるのが右から3番目のベルグ・ラーセン。

右から手に入れて行った順番に並べてあるんだけど、
今まで使った中で一番音出しやすいのが、フランスセルマーのS80★C。
リードはリコのグランドコンサートの3から3の1/2。
このマウスピースにしてから、ヤマハのはほとんど使わなくなった。
楽器に関してはあまりこだわりは無かったんだけど
周りでサックス吹いてる人達が、
「マウスピース変えただけで、全然違うよー違う楽器になったみたい」
とかいってて、仲間に変えてみたら?って言われ続けてたんだけど
バリサクのマウスピースってアルトと比べて、同じ種類でも値段が2倍位する。
そんな訳でなかなか変えずにいたのでありましたー
そして去年、思いきって買いました!
感想は、やっぱ全然違う!へたくそでもコレだけはわかった。
素直に音が出せるし、今までよりも綺麗な音が出るし!
これで少し、またサックスが好きになった。
(実は、このマウスピースと一緒に中古のアルトサックスも買っていた)
そして3本目のマウスピースは、今年の7月にたまたまネットサーフィンしてた時に
「Sax Fun」と言う香川県のインターネットショップに中古で出ていたのを発見。
前から気になってたベルグ・ラーセンのメタルマウスピース。
そのころセルマーはきれいな音は出るけど、
パワーが足りなくて、だんだん物足りなくなってきた頃で
(どんなにデカイ音出しても金管楽器には負けますわ)
メタルはどんな感じなんだろ~って思ってた頃でした。
値段も12000円くらいで半額以下になってたから、買っちゃいましたよ~
しかし、買った時はすぐにはまともな音出せなかったなぁ~
コントロールが難しい!チョット自身なくしちゃったです(ノ_-;)ハア…
でもサックス教室の先生が、
「いいメタル持ってるなぁー」「ジャズやるならメタルだー!」とか言って
チョット拷問的な練習でこのマウスピースで練習してますであります。
こないだの発表の時には何とか音も外さずに?できたかなぁーなんて思っておりやした。
今ではあまり「ピ~ッ!」とか「ギャピャ~ッ!」とか変な音が出なくなってきたっすよ!
このマウスピース、好きになってきた。。

そして、最後に、ピーター・ポンゾール。
この間、買っちゃいました...こりは当分吹く事はできないと思われる代物でスワ。
チョー難しい!だいいち、このマウスピース自体中古で出てるなんて信じられません。
あるとこにはあると思うけど、ハンドメイドですからねーバリサクのなんて見た事ない。
買った理由は、「ロニー・キューバ」がコレを使ってたから。
ただこれだけです。
あの音が出せたらいいなぁーって前から思ってたから。あこがれですねー
まぁ、楽器自体が違うんだけど...
バリサクと言えば、「ジェリー・マリガン」ってみんな言うけど、
オレは絶対「ロニー・キューバだ~」
まぁ、マリガンも好きだけど、迫力はキューバだなぁー
ミンガスのビッグバンドで吹いてたアレ、凄かったなぁ~

話が長くなるから、この辺でやめるかー



.12 2006 吹奏楽! comment0 trackback0

サックス発表会

20061126231104

今日は日頃サックスのレッスンに通っているA曲堂の発表会でありました。
フルート、大正琴、三味線、ピアノ、ロックギター、サックスの順番で演奏でした。
オレがやるのはもちろんバリサクであります。
演奏する曲は、「サンタが町にやって来る」であります。
まあ、普通だと何でもない曲なんだけど、これをジャズ風に...つうことで。

バリサク(バリトンサックス)は低音楽器。
デカくて重くてそのわりソプラノ、アルトやテナーに比べて
メイン(ソロ)で演奏する機会がほとんどないし目立たない。
吹奏楽とかサックスのアンサンブルなんかでは主にベース担当で、
リズムを刻んでる事が多いんだけど、今回は違うであります!
バリサクがメインでありまーす!

話は戻りますが、「サンタが町にやって来た」ジャズ風に!
スウィングしますかーってことでね。
この曲、譜面通りにやってしまうと、演奏時間2分弱で、ただのサンタで終わってしまう。
先生は子供も来るかもしれないし、クリスマスもだんだん近づいて来てるから
こういう簡単な曲にして、アドリブも簡単に入る様にしよう!
ってことでこの曲になりましたー
楽器の構成はピアノ、ベースギター、ドラム、パーカッション、ソプラノサックス(先生)
バリトンサックス。
この6人は、初めてこの場所で会って音合わせしましたよ~皆さんチャレンジャーというか
無謀きわまりないっすねぇ~
まぁ専門でやってる人がいたから出来る事ですけどね、ピアノとソプラノ、そしてベース。
ベースの人は、先生の知り合いでプロのギタリストらしい。(ちょいワルオヤジ風)
演奏はと言うと、2分弱の演奏が5分くらいになっちゃいました~
先生が演奏前に、オレのアドリブ入るから、短くなるか長くなるか分かんないからねー
ジャズは自由だから。。簡単に言っちゃいますねぇー
いくら仕事でサックスやってるからって、即興であのアドリブは驚きですねー
先生のアドリブでかなり助けられました...ハハ。
さすがプロ!
みんなの演奏に入り込んでましたからねぇ。
極めつけに、ピアノとベースとドラム巻き込んで、先生のソロ演奏で終わりました...
生徒より先生が一番目立ってましたよ~
とても楽しい1日でありました。

軽井沢、トミーカナダハウスにて。
.26 2006 吹奏楽! comment0 trackback0

サックスのレッスン。

前前々回からサックスのレッスン受けてる先生がかわり、どうせならまた一から教えてもらう事にしよう!って事になりましたー
一からと言うことは、まず楽器の出し入れから置き方ですね~
ここでビックリしたのは楽器の置き方。

今までと置き方が反対だった!
楽器を構えた時、右側を下にするとは…知らなかった。
理由は左側は突起物が出てるからだって。
そんな事からレッスンが始まりました~
そしてサックスの音だし。
まずはロングトーンでいまのレベルを確認。
音が出しやすい中域からやってみました。
テンポ45、ドレミファソラシド。
く、苦しい…しかも音が安定してないし。
しばらくこれを続けてやる事にしました。
.13 2006 吹奏楽! comment0 trackback0